美白、美肌は目覚めてからすぐが勝負!その理由とは?

スキンケアと言えば夜寝る前、が基本!って思っていませんか?

 

実は美白美肌のためには、朝の方が大切という研究もあるほど。

 

では早速その理由と、朝いち美白、美肌法をご紹介します。

 

 

@お肌は夜、美しくなる!

 

お肌は夜のスキンケア後、睡眠中に自らきれいになろうと必死に働いています。

 

新陳代謝によって汚れやシミの元、ダメージを外に排出しているのです。

 

だから、朝起きた時の顔は汚れています。

 

目には見せませんが前日の汚れがびっしりと浮き出ている状態です。

 

それをきれいに洗わずにスキンケアとメイクを行ってしまうとどうなるのか、というと前日の汚れをお肌に再度押し込み定着させてしまいます。

 

これを繰り返していくことでお肌は段々と黒ずみ、くすんでいってしまうのです。

 

だからこそ、朝の洗顔とスキンケアは美肌にとっては欠かせないのです。

 

 

A起きたらすぐ洗顔!

 

コーヒーをいれてスマホチェック!している場合ではありません。

 

まずは寝ている間に浮き出た皮脂や汚れをきれいに落としましょう。

 

洗顔方法は夜と同じく、優しく丁寧に、が基本。

 

まずは手をきれいに洗ってから、顔をぬるま湯ですすぎます。
そして、洗顔クリームをホイップ状になるまで泡立て、優しく顔を洗います。

 

手は直接お肌につけず、泡で洗うのがポイントです。

 

洗い終わったら、手でぬるま湯を優しくかけながら洗い流します。

 

水でもお湯でもいけません。

 

ぬるま湯で洗い流してください。

 

洗い流し終わったらきれいなタオルで水分を抑えるようにふきます。

 

決してゴシゴシとこすってはいけません。

 

タオルは毎日交換しましょう。

 

雑菌の温床です。

 

 

B洗顔後はすぐにスキンケア

 

洗顔をしたらそれで終わりではありません。

 

すぐに化粧水、乳液、クリーム、美容液などでケアをしましょう。

 

洗顔後は一見お肌が潤っていますがそれは一時的なものです。

 

すぐに水分は蒸発し、お肌の内部の水分まで奪ってしまいます。

 

それを防ぐために、洗顔後は他のことをせずにすぐに化粧水、乳液をつけてください。

 

化粧水だけつけるのもNG。

 

化粧水だけつけると肌内部の水分がさらに蒸発してしまいます。

 

時間があるのであれば乳液の後、クリームや美容液を使ってください。

 

日中の紫外線や刺激からお肌を守るのは、お肌の潤いです。

 

朝一番のスキンケアで十分潤わせることで、日焼け止めクリームの効果を助けてくれます。

 

 

Cスキンケア後は日焼け止め

 

スキンケアが終わったから、朝ごはん!と思ったら大間違い。

 

日焼け止めも塗ってください。

 

窓越しからでも紫外線は降り注ぎます。

 

お肌が十分潤っているうちに、まんべんなく日焼け止めクリーム、もしくは化粧下地やファンデーションを塗って、紫外線からガードしましょう。

 

 

 

この記事の関連ページ