なぜ女性にとって美白はあこがれとなったのか?

女性ですが、現在では美白に非常に憧れています。

 

しかし、ちょっと前にはガングロブームといったものがあったのです。

 

いまの30代や40代前半の若いころの時代には、多くの女性が日焼けサロンにいって身体を焼いていました。

 

しかし、そんなブームもどこかにいってしまったのです。

 

現在、かなり長期間続いている美白ブームですが、なぜ女性は白さに憧れを抱くのでしょうか。

 

考察してみました。

 

 

■白さは若さの象徴でもある

 

・若い子とのお肌に近づきたい、といった思いがある

 

歳を重ねると、紫外線お影響などで、お肌の上にシミが出来てしまうこともあるのです。

 

また、血行不良などが原因となって、くすみなどが引き起こされてしまいます。

 

いずれも若い時には、自分のお肌にはなかった症状なのです。

 

若いころの白くて健康的だったお肌に戻りたい、といった願望は女性には少なからずあります。

 

そもそも、肌の白さが見た目年齢に大きな影響を与えている事実もあるのです。

 

・白いお肌・・・若く見られる
・くすんだお肌・・・年をとって見られる
・シミのあるお肌・・・年をとって見られる

 

このような特徴が実際にあり、女性たちは美容対策の一つとして、美白化粧品を定期的に使う、といったことがあるわけです。

 

お肌が白くなると、お顔も輝いて見えるわけです。

 

美しさにも通ずるものが有るので、今後も美白ブームは長期化すると考えられています。

 

 

■白人へのあこがれ、といった面にも注目したい

 

・西洋に対する憧れ、といったものがある

 

西洋の美しい女性に憧れる、といった女性も多いわけです。

 

白人の肌の白さに注目しているわけです。

 

あんなお肌になりたい、と思い美白化粧品を海外から取り寄せて使っている人もいるほどなんですよ。

 

ただ、白人女性はシミがあるんですよね。

 

彼女たちも美白を維持するために、かなりの努力をしている事実があります。

 

 

■男性へのアピールといった側面も見逃せない

 

・白い女性を好む男性が多い

 

色白の女性は男性にとっては憧れ、といったものでもあります。

 

色黒の女性がもてはやされた時代も90年代を中心にしてあるにはあったのですが、現在では男性も色白の女性を望む志向となっています。

 

そもそも、グラビアアイドルや一般的なアイドルに関しても、みんな色白なわけです。

 

色を黒くしているアイドルなんてほとんどいなくなりましたよね。

 

もしもいたら、珍しい、といった感じになります。

 

好きな異性に振り向いてほしいから色白に憧れる、といった女性も多いわけです。

 

 

 

この記事の関連ページ