シミを作らせない肌作りのために必要なこととは

30代くらいになってくる時になってくるのが、シミです。

 

20代くらいまではほとんど目立たなかったものが、少しずつお顔の頬あたりにできてくるんですよね。

 

30代後半になると、かなりはっきりと見えてきてしまうこともあります。

 

シミは、容姿に対するダメージが非常に強いので何とかしなければなりません。

 

こちらでは、シミを予防するために重要なことを幾つかお話します。

 

いまできている人は、これからできないようにするためにも必見の情報になります。

 

 

■そもそも、どういった人にシミができやすいのか?

 

・元々の肌が白い人

 

生まれつきが関わってくるのですが、色白な人はシミが圧倒的にできやすいです。

 

一方で、色黒な方はシミができにくいのです。

 

30代くらいまでは色白な人が得するように感じるかもしれませんが、実は40代以降では逆転現象が起こります。

 

色白な人はシミで悩むわけです。

 

しかし、もともと色黒であった人は、シミやシワといった肌のダメージが起こりにくいので、綺麗なままなのです。

 

実は、肌の色が白ければ白いほど、紫外線を吸収しやすい、といった特性があります。

 

その結果、メラニンを大漁に発生させてしまうのです。

 

一方で、肌の色がもともと黒いと、お肌に紫外線があたってもそれほど影響が受けません。

 

黒いお肌が紫外線から肌細胞を守ってくれるのです。

 

ですから、問題になってくるのは、もともと色白な方がどうやってお肌にシミを作らせないようにすればよいのか、といったことになります。

 

 

■抗酸化物質を有効活用すること

 

・抗酸化物質がお肌に作用しているとシミができにくくなる

 

抗酸化物質として有名なのがビタミンCです。

 

化粧品からお肌に摂取させることもできますが、食べ物から摂取することも出来るビタミンです。

 

抗酸化物質がしっかりとお肌に作用している状態であれば、身体の活性酸素を減らせるのです。

 

ちなみに、ビタミンC以外にも抗酸化物質は複数あります。

 

それらを積極的に美白美容液などでお肌に補給してあげましょう。

 

 

【抗酸化物質の代表例】
・ビタミンC
・アスタキサンチン
・リコピン
・アントシアニン
・ビタミンEなど

 

 

■大人ニキビをできにくくすること

 

・お肌を清潔にする

 

皮脂をそのままにしていると大人ニキビが発生してしまいます。

 

大人ニキビになってしまうと、色素沈着を起こしてシミになってしまうのです。

 

ニキビが出来ないように、清潔な状態にお肌を保つことがシミを減らす一つの方法にもなりますよ。

 

 

 

この記事の関連ページ