スキンケアを変えよう!季節の変わり目ってナゼ肌荒れが多いの?

じりじりと暑い夏から、急激に涼しくなっていく秋…さらに寒い冬など、季節の変わり目というのは非常に体調が崩れやすいときだと言われています。

 

気温に左右されて体温調節が難しくなって風邪をひきやすかったり、さらに空気の乾燥などによっていろいろな体調変化が起きてきます。

 

そのひとつに、肌荒れがあります。

 

季節の変わり目になると、前述のように気温の変化や空気の乾燥などといったことによって、肌がとても敏感な状態になってしまいます。

 

また、特に春などはPM2.5や花粉といったいわゆる「体にとっての刺激物」が多くなる季節ですから、肌もその影響を受けてしまうというのは納得できますよね。

 

さらに、風邪をひきやすい…など体調不良が起こりやすいということは、体の中のホルモンバランスも崩れてしまいがちに。

 

ホルモンバランスが崩れると、体の中でさまざまなことが起こります。

 

男性ホルモンが多く分泌されると肌の水分・油分とのバランスを乱れさせてしまいますし、それがニキビや肌荒れにつながってしまいます。

 

生理不順などのトラブルにもなってしまいますし、さらにそこからまた肌荒れを引き起こしてしまう原因ともなってしまいます。

 

空気の乾燥は紫外線と同じく、肌にとって大きな刺激になりえます。

 

肌の水分が奪われていくことはもちろん、新陳代謝のリズムを乱してしまうことにもなります。

 

特に冬は乾燥しやすいため、常に保湿に重点をおいてスキンケアをしていくことが必要になります。

 

夏の冷房はもちろんですが、やはり冬の暖房は非常に肌の水分を奪ってしまいます。

 

ちょっとでも「肌がつっぱるな」とか、かゆみがピリピリしたりする感じがあると肌が乾燥しているというサイン。

 

しっかりと保湿を行っていくように心がけて、汗をかく夏場とは違ったこってりとした使い心地のクリームで油分の膜を作ってあげると良いでしょう。

 

水分はもちろんですが、油分を使って水分がなくならないようにしていかなくては、「保湿」をしたとは言えません。

 

逆に、春や夏などどんどん暖かくなっていく時期というのは、なかなかこういったクリーム系を使いにくいものですよね。

 

しかし、油分を与えないというのは保湿することができません。

 

油分と水分のバランスをとることができるようにスキンケアをしていかなくてはなりませんから、水分だけ・油分だけ…ではなく、どちらもしっかりと補ってあげることを心がけてくださいね。

 

クリームのなかでも、べたつきの少ないさっぱりとした使い心地のものも多く販売されていますから、季節に合わせて肌荒れ対策をしていきましょう。

 

 

 

この記事の関連ページ