夏の疲れた肌を放置してはダメ!それってなぜ?

なぜだか陽気な気分になってしまう夏、ぱーっと遊んで、たくさん海や山に行って、太陽の恵みをしっかりと受けとって。

 

とっても楽しい気分で一日を終えると、次の日に待っていたのはざらざら・ゴワゴワしている肌。

 

日焼けをしたときはもちろんですが、海に行ったわけでもないのになんだか肌の触り心地がいつもと違う…?と感じたことはありませんか。

 

夏というのは、私たちはとても気分が上がって楽しいときかもしれませんが、肌にとっては非常に苦しい季節でもあります。

 

肌を触ってみてなんだかごわついている…という場合ですが、これはまず肌表面の水分量が一気に減ってしまったということが考えられます。

 

日焼けをした実感があるという方はもちろん、そうでないという方でも、夏に外を歩いたあとしっかりスキンケアをしているでしょうか?

 

暑くて汗をかいて、のどが渇く…ということがあると思いますが、これは肌でも同じこと。

 

汗というのは肌表面からうまれて出ていきますから、同時に肌にもたっぷりと水分補給をしてあげなくてはならないというわけです。

 

さらに、夏の日差しといえば紫外線がつきもの。

 

紫外線はとても強力なもので、その強すぎる威力のせいで肌表面だけでなく肌内部の細胞にも影響を与えてしまいます。

 

たとえば、肌表面であれば水分を奪ってしまうということをはじめ、肌内部であれば肌の弾力を支えるコラーゲンを破壊してしまう…ということがあります。

 

このコラーゲンですが、ただ単に肌の土台役として存在しているだけでなく、実はターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)を促してくれるという力ももっています。

 

つまり、コラーゲンを壊されてしまうと肌のコンディションが一気に崩れてしまうというだけでなく、そこから肌が再生しようとする力まで奪われてしまうということになります。

 

紫外線を浴びると一気に老け込んでしまう(老化する)と言われているのは、このためだったんですね。

 

特に夏というのは、別に海に行ったわけでもないのに気が付いたら日焼けしている…ということがよくあります。

 

毎日の買い物や通勤、洗濯物を干しているというだけでも繰り返し行うことで確実に日焼けしていきます。

 

ということは、それだけ大量の紫外線を浴びているのですから、肌にもなんらかのダメージ・影響があるということになります。

 

夏の疲れた肌を放置してはダメというのは、こういったことがあるからなんですね。

 

まずは、きちんと保湿を行っていくことから。

 

紫外線も夏の暑さも、とにかく私たちの体の水分を奪っていってしまいます。

 

体の水分量が少なくなると、血液や内臓への水分が優先されてしまいますので、どうしても肌は乾ききってしまうという状態に。

 

保湿をしてあげることで肌の調子も整いますから、紫外線をはじめいろいろな刺激に強い肌を作り出すことができますよ。

 

 

 

この記事の関連ページ