失敗しない美白化粧品の選び方教えます

シミやそばかすというのは、たったひとつあるだけでもかなり顔の印象を変えてしまうもの。

 

どんなに若くても、一気に老け込んだように見えてしまうこともありますから、やはりできてしまう前になんらかの対策をとっておきたいものですよね。

 

また、すでにシミやそばかすができてしまっている…という方は、今あるシミ・そばかすをなんとか薄くしたいもの。

 

日頃のスキンケアで、なんとかシミを薄くしたりひとつでもなくしたいものです。

 

そんなときに利用したいのが、「美白化粧品」です。

 

シミ・そばかすといった、いわゆるメラニンに効果があるとされている美容・美白成分が含まれている化粧品のことをいいます。

 

一般的な化粧品よりもより美白に特化したものですから、普段使っているスキンケアアイテムなどに比べるとその効果は大きいと言えるでしょう。

 

さて、そんな美白化粧品も非常にさまざまな種類のものが登場してきています。

 

ドラッグストアやコスメカウンターなどに行くと、いったいどれにしたら良いんだろう…と悩んでしまうほどの種類が。

 

そんな中で、美白化粧品で失敗しないための選び方というのがあるんです。

 

それは、美白化粧品のなかに含まれている成分を知ることです。

 

美肌に良いと言われている成分は、本当にたくさんありますよね。

 

たとえば、誰でも知っているのがビタミンC、コラーゲン、ヒアルロン酸…さらに、アルブチンやセラミド、フラーレンやハイドロキノンといったたくさんの種類があります。

 

これらの成分がどれくらい、そしてどのように配合されているのかを知ることで、その美白化粧品の期待できる効果をある程度知ることができるでしょう。

 

よく見かけるのがビタミンCですが、「ビタミンC」がただ単に配合されているというだけで、美白に良い!というわけではありません。

 

というのも、ビタミンCは確かにシミ・そばかすの原因であるメラニン色素に直接働きかけてくれるという効果があります。

 

が、そのまま摂取しても体の中で壊れやすく、なかなかその効果をうまく発揮することができないということも。

 

それを乗り越えたのが、「ビタミンC誘導体」という成分です。

 

ビタミンC誘導体というのは、体の中に入って消化・吸収されるときに、体の酵素によってビタミンCとなるものをいいます。

 

これは普通のビタミンCよりも壊れにくいという特徴を持っていますから、より吸収されやすいと言う大きなメリットがあるんですね。

 

さらに、プラセンタやコラーゲンなどとにかく肌によさそう…という成分が入っていても、それはあくまで「美肌成分」であって「美白」に特化した成分ではありません。

 

美白の役割を持っているのは、ビタミンCやハイドロキノン、アルブチンといった成分。

 

それと組み合わせてコラーゲンやヒアルロン酸といった成分を使っていくと、より保湿効果も高まって肌の調子を整えることができるでしょう。

 

 

 

この記事の関連ページ