実は色黒よりも色白の人の方がシミになりやすいって本当!?

もともと色黒の人って、日焼けをしてもいつまでも黒く残りやすい…という方が多いと思います。

 

逆に色白の人というのは、日焼けをしたら肌が真っ赤になってしまい、しばらくひりひりとするという方が多いようです。

 

肌がダメージを受けやすく、刺激に反応しやすいということが言えますよね。

 

そして、そのあと忘れたころにできてくるのが「シミ」です。

 

特に色白の人であれば、白い肌にぽつっと生まれてしまった黒いシミがとても目立ちやすいので、一気に老け込んだ印象を与えかねません。

 

一度できてしまうとなかなか消すことも薄くすることも難しいシミですが、色白の人はシミができやすいというのは本当なのでしょうか?

 

色黒の人が日焼けをしやすい…というのは、メラニン色素が体の中で生まれやすいということになります。

 

私たちは紫外線を浴びると、その紫外線の強力なパワーから体を守ろうとして「メラニン色素」という盾を作り出し、攻撃に備えます。

 

つまり、メラニン色素は体の細胞を紫外線から守ってくれている存在…だということなんです。

 

しっかりと紫外線に対してメラニン細胞が働いている…ということになりますから、しっかりと紫外線を浴びても大きなダメージを受けることが少ないと言えます。

 

逆に、色白の方。

 

色白であるがゆえに、そのメラニン細胞の働きが鈍いということが言えます。

 

したがって、強い紫外線を浴びたときにしっかりとした防衛反応ができなくなりやすく、より強いダメージを受けてしまうという可能性が。

 

そうすると、それが原因でシミができやすくなってしまうというわけなんです。

 

日焼けをしたときに肌がひりひりと赤くなる…というのは、紫外線によるダメージを受けてしまっているから。

 

いわば、やけどをしてしまっている状態です。

 

紫外線によるダメージがどんどん積み重なっていってしまうため、年齢的にもシミやそばかすが早くあらわれてしまう傾向にあります。

 

色黒の人は、年齢を重ねてもなかなかシミやそばかすができない…ということもよくあります。

 

これは、体のメラニン細胞がしっかりと機能しているため、シミができるほどのダメージを受けないように防御しているからです。

 

一般的には色白の方が良いというふうに考えている方の方が多いと思いますが、年齢を重ねていって肌トラブルがあらわれるにつれて、実は色黒の人の方がシミになりにくいというメリットがあるため、うらやましいと考える人も。

 

色白の人は、白いから紫外線対策もしなくて大丈夫…と考えるのではなく、より徹底した紫外線対策をしていくべきなのです。

 

 

 

この記事の関連ページ