日焼けしてしまったらシミになる前にやっておきたいこと

夏だけではなく、日焼けというのは実は一年中起こってしまうもの。

 

でも特に夏場は日差しが強く、日焼けをしやすいという季節になっています。

 

夏以外でも日焼け対策をしているという方は意外と多いと思いますが、夏ほどの強い日差し・刺激はないのであまりケアをしていない…という方も多いでしょう。

 

夏の日差しを受けてしまうときというのは、多くはサングラスをしたり日焼け止めを塗ったりと、いろいろな対処をしていることと思います。

 

それでも、いろいろな対策をしていてもやっぱり日焼けをしやすくなってしまう…ということはありますので、そんなピンチ状態の肌ケアをしっかりとしていきましょう。

 

日焼け=シミができてしまう、というのは多くの方が知っていることだと思います。

 

ですが、「日焼けしたから必ずシミができてしまう」…ということはなく、その日焼けによるダメージをいかに小さくし、シミをできないようにさせるかがポイント。

 

確かに紫外線を浴び続けたらシミ・そばかすができやすくなってしまいます。

 

ですから、放置は厳禁。

 

このときに受けたダメージがシミとして肌表面にあらわれないようにしていくということが大切で、日焼け後、シミとなってあらわれるまでの時間に集中ケアすれば良いのです。

 

では、日焼けしてしまったときにやっておきたいケアというのは、いったいどんなものなのでしょうか。

 

まずは、日焼けをしてしまった肌が赤くなるという方の場合、これは肌へのダメージが大きく、軽くやけどをしてしまっている状態です。

 

ですから、まずは肌をクールダウンさせなければなりません。

 

肌がやけど状態のままだと、肌内部の水分がどんどん奪われて行ってしまい、肌がカラカラ・ガサガサの状態になってしまうことも。

 

それをまず防ぐために、肌を冷やしてあげましょう。

 

赤みがひどい部分にはアイスノンなどを使っても良いですし、刺激の少ないクールタイプの化粧水を使っても◎。

 

そして、その後はとにかく保湿をしましょう!

 

これでもか、これでもかというくらいたっぷりと水分を与えてあげてください。

 

このときに使うものですが、肌への刺激をこれ以上与えないようにいつも使っているものや、敏感肌用などの低刺激のものが良いでしょう。

 

日焼けをしたときにまず肌の水分が奪われますが、肌は水分がなくてはうまく機能してくれません。

 

植物の種に肥料だけ蒔いても意味がないように、まずは肌も水分を与えてあげることが大切だということなんですね。

 

そして、美容成分などを与えるのはあくまで保湿したあとになります。

 

肌の調子を元通りにしてあげることで、シミとなるメラニン色素を排出しやすくなりますので、試してみてくださいね。

 

 

 

この記事の関連ページ