美白で1番大切なことはシミを作らないケアです

みなさんは、普段のスキンケアのなかで美白化粧品を使っているでしょうか?

 

保湿に重きを置いている…という方は多くても、美白をしているという方は意外と少ないもの。

 

美白化粧品にはやはりそれ専用の成分がたくさん含まれているため、保湿化粧品よりも比較的価格が高いということもその要因のひとつであると考えられます。

 

ですが、やはり美白化粧品はを使っていくことによってシミやそばかすができにくくなりますし、数年後、数十年後の肌のことを考えると使っておく方が良いと言えます。

 

さて、美白化粧品を使うことでシミやそばかすができにくくなると言いましたが、美白をしていくうえでもっとも大切なことは何だと思いますか?

 

美白化粧品を使っている方の多くが、前述のような「予防」が目的ではなく、すでにできてしまったシミやそばかすを消すということが目的となっています。

 

しかし、美白で1番大切なことというのは、シミを作らないためのケアをすることだと言えます。

 

今できているシミというのは、長い年月をかけてあらわれたもの。

 

そして、もしかすると1か月後には新たなシミが頬にあらわれるかもしれませんし、1年後にはさらにたくさんのシミやそばかすができているかもしれません。

 

シミ・そばかすの原因であるメラニン色素というのは、日々紫外線を浴びることによってほんの少しずつ、蓄積されていきます。

 

それが溜まりに溜まって、シミという形になってあらわれるのです。

 

ですから、メラニン色素が溜まってシミとして出来上がるまえに、美白化粧品を使ってメラニン色素を溜まらせないようにすること、これが大切なんです。

 

一度できてしまったシミやそばかすというのはなかなか消すことはできません。

 

しかし、まだ肌の表に出てきていないメラニン色素は、肌のターンオーバーを活性化させたりメラニン色素に直接効果のある成分を使うことによって、改善することができます。

 

肌の細胞は毎日生まれてきているのですが、どんどん新たな細胞に押し上げられて肌の表面までくると、角質という形で剥がれ落ちていきます。

 

ちょっとした傷がすぐに治っていくのも、傷を修復する力とこのターンオーバーのおかげなんですね。

 

同じように、シミのもととなるメラニンもターンオーバーの流れに乗って角質と一緒に剥がれ落ちていくため、蓄積されずにすむ…というわけなんです。

 

ですから、美白化粧品を使ってメラニン色素に働きかけるのはもちろん、ターンオーバーの周期をしっかり整えてあげることで、シミのない肌をキープすることができるでしょう。

 

 

 

この記事の関連ページ