目のまわりにシミが集中するのはどうして!?

毎日メイクをする中で、ふと「シミができてる…?」と気づいてショックを受けた経験は、誰にでもあることだと思います。

 

シミというのは一朝一夕でできるものではありません。

 

だからこそ、じわじわとあらわれてくるので自分でもなかなか気づきにくく、気付いたときにはすでに肌表面にしっかりとあらわれてしまっている状態なんです。

 

また、シミがあるという方の多くは「目の周りに集中している」ということ。

 

目の周りに集中しているのはなぜなのか、ご存知でしょうか?

 

これにはいくつか理由があって、まず一つ目は女性ならではの問題です。

 

女性は日々メイクをしていますよね。それも、メイクが集中するのは目元になります。

 

肌全体ももちろんファンデーションなどでカバーされていますが、目元となるとアイライン・アイシャドウやマスカラ、つけまつげといったさまざまな工程があります。

 

目の周りの皮膚はとてもとても薄いため、これだけ多くの刺激が毎日あると、目元には大きな負担になるということはわかりますよね。

 

また、ときどきメイクを落とさずに寝てしまった!ということもあるでしょう。

 

これも非常に大きな負担となりますし、色素が沈着してしまうことでシミ・そばかすとなってあらわれてしまうこともあります。

 

次に、目元というのはもともと顔のなかでも特に皮膚が薄い場所になります。

 

つまり、刺激にとても弱いところだということになりますね。

 

そうすると、顔のなかでも同じようにあちこちに紫外線が当たっていたとしても、より敏感に反応するのは目元の皮膚だということになります。

 

肌は紫外線を浴びることによってメラニン色素を作り出すのですが、このメラニン色素がどんどん溜まっていくことによって、シミという形になってあらわれるのです。

 

シミのもととなるメラニン色素を作らないように、サングラスをしたり日焼け止めを塗ったり…という対策をとっている方も多いと思いますが、紫外線というのは反射して目のなかにも入り込んできます。

 

ですから、しっかりと日焼け対策をしている…とは思っても、実はどこかから紫外線が侵入しているという可能性もあるのでご注意を。

 

皮膚が薄いということは、紫外線以外の刺激にもとても敏感な状態です。

 

洗顔でごしごしと顔を洗ってしまったり、その後タオルをこすりつけるようにしたり…こういったこともすべて肌にとっては「負担」となってしまいます。

 

色素が沈着してしまう原因となり、そしてそれがシミやそばかすができてしまう原因となってしまいますので、あくまで目元の肌には優しくしていきましょう。

 

 

 

この記事の関連ページ