美白のメカニズム美白化粧品を使う前に抑えておく知識

美白化粧品を使ってお肌を白くしよう、と考えている方が非常に多いのです。

 

そんな美白化粧品ですが、利用する前にかならず確認してほしいことがあります。

 

それは美白に至る仕組みです。

 

こちらでは美白のメカニズムを徹底解説します。

 

なぜ美白化粧品を利用するとお肌が白くなるのか、といったことを知りたい方は必見です。

 

 

■美白になるメカニズムとは?

 

・メラニンの合成をストップさせる

 

なぜお肌が黒くなってしまうのかといえば、もちろん紫外線が関わっているのですが、紫外線によってメラニンの合成が行われてしまうからです。

 

要は、メラニンがお肌に無ければ、紫外線を浴びたとしてもお肌が黒くなることはないのです。

 

美白化粧品には、実際にメラニンの合成をストップさせる機能を持った成分が含まれていることもあります。

 

その成分がうまく機能をしてくれれば、これ以上お肌が黒くなることを防げます。

 

さらにすでに黒かったとしても時間が経てば、少しずつ薄くなり始めるのです。

 

 

・できてしまったメラニンの排出を促進させる

 

メラニンができてしまったとしても、お肌にとどまらせることなく、さっさと排出させることができれば、美白効果が得られることになります。

 

お肌にメラニンがあるから黒く見えるわけですよね。

 

しかも、お肌の長時間留まってしまうと、長く黒くなってしまうのです。

 

合成されてしまったメラニンをお肌の外に排出できるようになれば、美白効果が得られた、となります。

 

美白化粧品には、お肌の新陳代謝を活性化する機能を持った成分が含まれています。

 

新陳代謝が活性化すれば、お肌の生成スピードも活性化します。

 

メラニンもお肌と一緒に他以外に排出されやすくなり、残存期間が短くなるのです。

 

 

・メラニンの色自体を薄くする

 

メラニンは黒くなってしまいます。その黒い色を薄める成分が美白化粧品には含まれています。

 

黒いものが茶色になり、最終的には肌色の状態にしてしまうのを目的としています。

 

美白化粧品をチェックしている「メラニン還元成分」なるものを見かけることはありませんか。

 

実は、その成分にメラニンの色を薄くする作用があるのです。

 

紫外線を浴びたメラニンは酸化されて黒に変化するのですが、その酸化さえ抑えてしまえば黒い色を防げます。

 

すでにシミやソバカスなどがたくさん出来ている方に関しては、メラニン還元成分が含まれている美白対策化粧品の利用がおすすめですよ。

 

 

 

この記事の関連ページ