どうして!?美白化粧品を使って乾燥してしまった人の原因

美白化粧品を使うことでお肌に感想が出てしまった、といった方が多くいます。

 

美白を求めているのに乾燥肌がでてしまうと、幾つかの問題が発生する可能性があります。

 

乾燥しているお肌は、刺激に非常に弱いので、炎症を越してしまう可能性があります。

 

その炎症がお肌に色素沈着してしまうかもしれません。

 

美白美容液を使っていながら、逆にお肌に色がついてしまうのです。

 

こちらでは美白化粧品を利用するとなぜ乾燥肌が起こってしまうのか、といったことに迫ってみます。

 

過去に美白化粧品を利用したら乾燥肌が出てきてしまった経験がある、といった方は必見です。

 

 

■美白化粧品に含まれている成分の刺激が強すぎる

 

・ハイドロキノンなどに危険性あり

 

ハイドロキノン濃度については、2.0%以下に抑えられているのでそれほど強い作用はでませんが、お肌が弱っている時に利用してしまうと、お肌の刺激となってしまうことがあります。

 

お肌のバリア機能がなくなってしまい、乾燥の影響が強く出てしまうのです。

 

ハイドロキノンは医薬品であれば4.0%以上の濃度でも利用されていますが、化粧品の場合は2.0%に限定されています。

 

それでも強い作用が出てしまう可能性があるので、十分に注意しなければなりません。

 

安全性の高い成分がメインの美白美容液を利用する、といったことがおすすめです。

 

仮に美白美容液で乾燥した経験がるのであれば、ビタミンC関連をメインとして含んでいるものを利用しましょう。

 

ビタミンCに関しては安全性が極めて高いのです。

 

お肌に悪い影響を与えてしまう可能性は極めて低いですよ。

 

 

■保湿成分が含まれている美白美容液ではなかった

 

一般的に美白美容液には保湿成分が含まれています。

 

美白にも保湿が大きく関わっているのです。

 

しかし、すべての美白美容液に保湿成分が含まれているわけではありません。

 

仮に含まれていたとしても、濃度が低い可能性も少なからずあるのです。

 

乾燥が気になるのであれば、保湿成分を複数含んでいる美白美容液の利用を検討してください。

 

たとえば、

 

・コラーゲン
・セラミド
・ヒアルロン酸

 

といったお肌にある保湿成分を補給できるようなタイプがおすすめです。

 

特に30代以降になると、それらの成分がどうしても減ってしまうのです。

 

積極的に保湿成分を取り入れて、乾燥しにくいお肌の状況にしましょう。

 

その上で美白効果を期待するのです。

 

美白と保湿はセットのようなものなので、どちらも達成できる美白化粧品を選択しましょう。

 

 

 

この記事の関連ページ