美白のケア方法は時期によって変えるべき?美白化粧品Q&A

美白になるためには日々のケアが特に重要になります。

 

こちらでは美白ケアと季節について詳しく解説します。

 

季節に合わせた対処をすることで、圧倒的にお肌の状態も良くなりますよ。

 

 

■Q.保湿ケアはどの季節に行うべきなのか?

 

■A.1年中対策を実施すべきですが、特に重視すべきは冬です。

 

お肌の状態に特に大きく関わっているのが潤いです。

 

お肌の潤いがなくなれば、お肌本来としての機能を失ってしまいます。

 

お肌はうるおいがあることで、刺激にも圧倒的に強くなります。

 

乾燥してしまうと、お肌は傷つきやすくなり炎症を起こします。

 

その炎症が色素沈着して、お肌に色を付けてしまう可能性もあるのです。

 

特に乾燥しやすい季節である冬は積極的な保湿ケアをしてください。

 

そして冬以外の季節でもお肌は乾燥するので、冬ほどではないにしても、ある程度の保湿ケアは実施すべきです。

 

 

■Q.紫外線ケアはどの季節に行うべきなのか?

 

■A.春から夏にかけて重点的に実施すべきです。

 

紫外線はメラニン色素を活性化させてしまうので、美白ケアには特に重要です。

 

ただ、印象として、夏だけしっかりとしていればいいのでは、といったことを考えてしまいがちですよね。

 

しかし、紫外線が強いのは夏だけではありません。

 

特に紫外線が強くなってくるのは春からです。

 

特に5月ら8月にかけて強い紫外線が降り注いでいるので、積極的に対策をたてなければなりません。

 

ちなみに、紫外線は冬でも一定の量は降り注いでいるので、なるべく対策をすべきです。

 

冬でも長時間外に出る場合には、帽子をかぶるなどしたほうがお肌にためにはプラスです。

 

 

■Q.ハイドロキノン含有の化粧品は昼間に使ったらダメって本当?

 

■A.本当です。お肌を危険に晒すので昼間には利用しないでください。

 

ハイドロキノンは非常に作用が強い成分です。

 

特に紫外線に対してお肌を脆弱な状況にしているので、仮に塗ったまま外に出て日差しを浴びてしまうと、お肌トラブルを招いてしまうのです。

 

ハイドロキノン含有の化粧品に関しては、できれば夜寝る時に利用してください。

 

そして朝起きたら、必ず洗い流してください。

 

仮に夜塗ったものであったとしても、そのまま外出してしまえば、お肌を痛めてしまいます。

 

炎症が起こってしまえば、それがお肌に色を付ける原因になってしまいかねません。

 

美白化粧品は使い方によってはお肌に大きなトラブルをもたらすことがあります。

 

利用前にかならず説明書を読んで、用法を守ってくださいね。

 

 

 

この記事の関連ページ