北国の人は美白化粧品を使わなくても肌は白いのか

東北の人など、北国の方はお肌が白いイメージがあります。

 

北国の人は美白化粧品を使わなくても白い理由について迫ってみます。

 

なぜ彼女たちはお肌が綺麗なのでしょうか。

 

 

■紫外線の量が少なかった

 

・北国は日照時間が短い

 

夏に関しては、基本的に他の地域と同じようにある程度の日照時間が北国でもあります。

 

しかし、問題は冬なのです。

 

北国は、冬になると一日中雲があります。

 

そして雪などが降り続けるわけですよね。

 

当然、紫外線の量が少ないのです。

 

もちろん、曇りであったとしても、晴れと比べると30%から50%程度の紫外線量が降り注いでいます。

 

しかし、他の地域と比べると、日焼けのリスクが格段に低いことは間違いありません。

 

北国に住んでいる方は、一定期間メラニンの働きが抑制されているのです。

 

その結果、透き通った透明感のあるお肌が獲得できます。

 

ただし、北国の女性であるからといって、必ず美白であるとは限りません。

 

前述したように、冬の季節は大きな違いがありますが、他の季節に関してはそれほど大きな違いは認められません。

 

日焼けをしようと思えばできてしまうのです。

 

 

■北国に住んでいる女性でも美白化粧品は利用すべきか?

 

・シミやソバカスができているなら利用すべき

 

東北に住んでいるからといって、紫外線から常時守られているわけではありません。

 

日焼けしてしまったり、シミやソバカスができている方も多いのです。

 

それを悩んでいるのであれば、美白化粧品を利用しましょう。

 

美白化粧品には、メラニン色素の働きを弱めたり、メラニンの排除を促進する、といった機能を持っているものもあるのです。

 

一般生活で、そのような効果が得られることは基本的に考えられません。

 

 

・北国の人は美白化粧品の効果が得られやすいのか?

 

他の地域に住んでいる偏りは効果が出やすい、といったことが言えるかもしれません。

 

紫外線を浴びる時間が少ないと考えられるので、冬以外の季節の美白対策を実行していれば、メラニンの働きを大いに抑制できる、と考えられるのです。

 

 

■北国の人がほかに地域に移り住んだらどうなるのか?

 

・日焼けする可能性が高い

 

今まで紫外線を浴びる量が少なかったので、お肌が白かったのです。

 

紫外線を浴びてしまえば、当然日焼けをしてしまいます。

 

しかも、お肌が白い状態であったのであれば、余計に紫外線を集めやすくなってしまい日焼けしやすい状態になってしまいかねません。

 

UV対策を実施すべきです。

 

 

 

この記事の関連ページ